パパむすブログ

パパむすブログ

[パパは息子に恋してる] 30代リーマンの雄が語るブログ運営。ハワイ大好き息子大好き。食べたら寝る。

パパむすブログ

 

僕はこの変態が欲しくてたまらない

人気記事セレクション 1.【ブログ超初心者向け】短期間でPV数をアップする17の方法を公開
2. ブログの表示速度が激遅!僕がGoogleの評価を上げた対策5選
3. 常に持ち運べる!ブロガーに最適なモバイルPCはこれ(5万円前後)
4. ブログ2ヶ月目で10,000PV突破!初収益も!【5月の運営報告】
5. 慢性副鼻腔炎「蓄膿症」の手術を2度経験したリアルな体験談(鼻竇炎)

こんにちは!パパむすです。

 

昨日のエントリーはもう見ていただけたでしょうか?

 

www.kailua020.com

 

こちらの記事で僕が今どれだけこのYOGABOOKが欲しくて欲しくてたまらないか、熱めに語りました。

 

YOGABOOKが何故それほど僕の心をつかんでやまないのかと言うと、理由はその変態さにあります。

そう、YOGABOOKは世間では"変態"と呼ばれているのです。

 

ハロー、ヘンタイ!

 

この"変態"はどのへんが"変態"なのか

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ryKrs2xxL._SL1500_.jpg

 

YOGABOOKが世間で"変態"呼ばわりされている理由は、これまで類を見ないほど未来的で特殊なキーボードにあります。

完全フラットなデザインで、LEDバックライトで浮かび上がるタッチパネル式の斬新なキーボード。

使う人を選ばないどころか選びまくる、限られたマニアのためだけの存在。

だからこの機種を選ぶ人は"変態"。そう呼ばれる所以がここにあります。

 

"変態"の悪いところベスト3

この"変態"にはイケないところがいくつかあります。

 

  • タッチパネルの感度が良いから、少し触れるだけで打キーしてしまいます
  • だから打ち間違いが頻発して、通常のPCより文章を書くスピードが遅くなります
  • 慣れないと、使いにくいまま終わってしまい、終いには使わなくなります

 

こんなにもダメな点があれば、誰だって購入を躊躇していまいますよね。

 

でもですよ、実はこの"変態"には凄い工夫がされているのです

f:id:kailua020:20170623155145j:plain

今度は逆にこの"変態"の凄いところを挙げてみましょう。

 

  • 使う人のキーを打つ"癖"を学習して最適なタイピングを学習するテクノロジー
  • 予測入力、オートコレクト、オートコンプリート機能で入力をサポート
  • キーをタッチしたときに振動や音で入力の感覚をサポート
  • LEDバックライトで暗い室内でも快適に使える
  • 付属のペンでイラスト描いたり、ノート代わりに使うこともできてそのまま保存も可
  • キーボードがカシャカシャ鳴らないので、静かな図書館や会議室でも耳障りにならない
  • 汚れたり水をこぼしてもふき取るだけ

 

ほら、凄いとろがだくさん。こんなにも"変態"すぎて参ります。

 

僕は実際に店頭でメモ帳を立ち上げて、長々と文章を打ってみましたが、評判ほど悪くなかったです。この機種をダメだと言う人はかなり酷評しているのですが、ブログ作成くらいであれば充分文章が書ける実感を得ました。もちろんメイン機種としては苦しいので、あくまで持ち運び用のサブマシーンと考えてください。ですので、完全なブラインドタッチがしたい人にははっきり言って向いていません。

 

デメリットをきちんと理解した上で、それでもこの変態を欲しくなってしまう理由は、それ以外の部分が尖り過ぎているからです。

 

"YOGABOOK"が他のモバイルノートPCよりも圧倒的に優れているポイント 

f:id:kailua020:20170623155225j:plain

僕が注目しているポイントをずらっと挙げてみます。

 

  • キーボード込みでわずか690gという圧倒的軽さ
  • キーボード込みで本体幅がわずか9.6mmという驚異的な薄さ
  • バッテリー持続時間が約13時間というロングライフ
  • このサイズでちゃんとメモリ4GB積んでいる
  • SIMフリーモデルがあるので格安SIMで外出先で使いやすい
  • 360度開く特殊なヒンジで、タブレットスタイルなど4種類の使い方
  • 10.1型 IPSパネル フルHD ディスプレイとドルビーサウンドスピーカー
  • スマホのモバイルバッテリーで充電できる

 

この"変態"の凄いところをあげるとこんなにもあります。簡潔に言うと特殊すぎるんですよね。国産メーカーが作りそうな60点の中間合格点ラインを狙っていない。寧ろ120点または0点を取りに言っている。初めてiPhone見たとき、ガラケーに慣れていた僕はフルタッチパネルが「絶対使いにくいだろ!」と思ったけど、今ではすっかり生活に根付いてしまいました。そのくらい最先端を走っているのがこの"変態"YOGABOOKなのです。

 

こんなことを書いていたらますます欲しくなってきました。

 

”変態"が突然値下がりした 

f:id:kailua020:20170623155253j:plain

一昨日、実はこの"変態"がAmazonで急激な値下がりをしました。それまで53,795円だったのが突然5,000円OFFの48,976円に変わっていたのです!!5万円切ってる!

 

これはもうこの"変態"を買うしかないとばかりに、画面に貼る防護フィルムや、オサレなケースディスク拡張用のmicroSDカード超コンパクトなACアダプタ最適な格安SIMなどをひととおり物色していました。

どれも僕が時間をかけて選び抜いたものばかりです。

 

でも時間をかけすぎてしまいました!

 

再びAmazonをチェックすると

 

"変態"の値段が53,795円に戻ってるやん!!

 

ショックです・・

千載一遇のチャンスを逃してしまいました。

 

僕がこの"変態さん"を手にする日は果たしてやってくるのでしょうか・・・?